良かれと思ったことが、子どもにはストレスになるワケ

シュタイナーは、教師の資質についてこう言っています。 >>> 生徒の気質を見抜き、生徒の気質と同じ気質になって、接することができなくてはならない。 おっとりした子どもには、教師もゆっくりと接するようにし 十分なあたたかさや愛情をとりわけ必要とする子にはやさしく接するというように。 >>> もう大人になった人ですが、自分の子ども時代を振り返ってこんな話を聞かせて…

続きを読む