お休みの日の過ごし方

運動会が終わって、登校一番に話しかけてくれた子どもとのやりとりが衝撃だったので http://starryheaven.seesaa.net/article/453762796.html 他の1年生の子にも、代休の過ごし方を聞いてみました。 たいていの子は、ご両親のどちらかご家族のどなたかと一緒に過ごしていたようですが お出かけをしていた!という子が多くて、これま…

続きを読む

運動会の翌日の過ごし方

日曜の運動会と、その代休の月曜を過ぎた火曜日 一週間の始まりに、朝一番に話しかけてくれる子がいました。 とてもうれしそうに! 聞けば、昨日の代休はゲームを10時間くらいしていたと言う。 私、心の声 「え~!?」  ご家族はお留守だったのだろうと思って、お昼ご飯はどうしのか聞いてみたら 返答は、さらにショックの上塗りをするような内容でした。 …

続きを読む

頑張ったね!って言ったけど・・・

今日は運動会でした。 発達上の特性を持つ子どもたちも、運動会はいろんな意味で 一年のビッグイベントの一つなのじゃないかなと思います。 集団行動が嫌いだったり、運動が苦手だったり その子を中心に、それぞれ家族の物語がある。 夏休みがあけてすぐ、ダンスや競技の練習を、何度も何度も繰り返してきました。 普通の多くの子どもたちは、競技も演技も得手不得手があ…

続きを読む

発達障害と薬と食事療法 ~ ストラテラ、コンサータ

数年前のことですが 学校の集団行動に馴染まない子どもさんが、薬を服用することになりました。 その当日から180度人格が変わり、豹変し 私はびっくりを通り越してしまうレベルでした。 彼らの体内で何が起こっているのだろう? ホルモン、神経伝達物質、脳内で、薬がどのように働いているか 私には不可知の領域です。 私が自分で臨床実験と研究を繰り返し…

続きを読む

大人が事実を指摘しても、子どもの心がねじれていく時

子どもたちは言葉以上に、雰囲気とか気というものから 敏感に察知しています。 わたしたち大人が想像する以上に、もっとはるかにたくさんの事を感知して 心に焼き付けていると思えてなりません。 教室では、動作が緩慢だったりして 集団行動に遅れて、はみ出してしまうタイプの子がいますね。 教室では、その一人をみんなが待っているというのは事実で いつも気長…

続きを読む

学童さんとのお話しから

先日、学童保育で子どもたちを見てくれている指導員さんのお話しを 聞かせてもらう機会がありました。 学童の指導員さんは、ほぼ毎日学童に迎えに来る保護者と接して 親子の様子を長くみてきたこともあり、いろいろ詳しく聞かせていただけました。 全員がそうじゃないけれど、中には 学校で見せる顔と、学童で見せる顔、家庭での様子が あまりにもかけ離れている子もいて…

続きを読む

学習障害(LD)と教員支援対策

・3600人の配置 ・7100人の拡充 ・2200人増員 ・400人増員 こちら、小中学校の教員の多忙さを緩和するための対策案だそうです。 文科省が必要な経費を2018年度予算で要求するとのこと。 ・スクールサポートスタッフ3600人を配置(概算要求15億円) ・外部の部活動指導員7100人への補助(同15億円) ・小学校で英語などの特定教科を教える専科教員を22…

続きを読む

発達障害への理解~家族のカサンドラ症候群

発達障害には、身体上の特性に直接起因する辛さと それを理解され得ないまま孤立する心理的な負担があると思うのですが そのしんどさはご本人のみならず ご家族もかなりの悩みや疲労を抱えていることは想像に難しくないですね。 その一つ、カサンドラ症候群についてはそのカラクリを知っておくと 予防や重症化の早期対策につながるかと思うので紹介しておきます! カサンドラ…

続きを読む

発達障害への理解~視覚優位性

2017年5月、NHKは発達障害のある人や周囲の人たちの暮らし方や働き方、悩みや対策を 1年間かけて複数の番組を通して伝えていく「発達障害プロジェクト」をスタートさせました。 発達障害の多様な姿を伝え、発達障害のあるなしに関わらず 一人ひとりの多様な感じ方や生き方への理解の促進をめざすことが目的だそうです。 私も、小学校の特別支援クラスに通う子どもたちと接しながら…

続きを読む