発達障害とギフテッドの違いとは


ギフテッドとは、並外れた成果を出せるほどの突出した才能を持つ子ども、と定義されているようです。

一つの分野に卓抜した能力を発揮するのが特徴で

アスペルガーや高機能自閉症とも、似通って見えるかもしれません。

ギフテッドには2つのタイプがあり、英才型と呼ばれる言語的認知、空間認知、記憶など全般的に高い知能を持っているタイプと

著しい能力の凸凹(得意と不得意)を持つ2E型という報告もあります。

2Eについては、突出して優れている能力がある一方で、極めて不得手な一面も併せ持ち

学習障害・広範囲性発達障害を併発しているケースもあるそうです。

それゆえ、マイナス面が目立ってしまい、才能に気付かず埋もれてしまうこともあるのだろうと推察します。


いわゆる ”普通の人が到底できないことをやってのけますが、普通の人が簡単にできることが出来ない” 。


さて、ブログタイトルにもなっている「ギフテッド」ですが、私は

特にこの分野に関わりたいと思っているわけではないですし


また こちらでは
http://resophia.exblog.jp/237157122/

「天才」という表現も使っていますが

私は、彼を「天才」に仕立てあげたいわけでもありません。


彼と関わってまだ数か月でしたが、私は

彼の豊かな感受性の表出に、神の閃きのような瞬間を見た心地がしました。


子どもたちは無邪気な天使だなぁ、って改めて感じましたし

人は崇高な存在だとも思っています。


発達障害かどうか、ギフテッドかどうか

線引きはあまり重要ではないというスタンスです。



彼が「天才」になることが大事なのではなく


彼が充足して、彼らしさを生ききる、ということの方が大事なのです。


せっかくの彼の才能が

大人の都合や学校の規定であれこれ手入れ・手直しなど強制を強いられたら、彼らしさが傷ついてしまう。


彼の純粋さを守りたくて、それを守ることさえできれば

彼は彼自身を極め、才能も開花し幸せに生ききることができると思っています。


だから、凸凹含め、天賦の才も苦手な分野も gifted -ギフテッド- されていること。


発達障害と問題視して、その解決にスポットを当てるよりは

それぞれの人が、欲求と渇望を満たして心から充足して生ききる、ということを最も大切にしたいのです。


あなたがあなたらしく幸せに生きることが一番大事。


結論・・・


発達障害とギフテッドの違いとは


その人らしく満ち足りた人生を送る目的においては、さほど重要ではない!ということ。


本人もご家族も、周囲の人も

発達障害、グレーゾーン(パステルゾーン)、健常者(定型)という

どこに属するのか・・・気になることは避けられないとしても

それに捉われず、充足して生きること

それに目をむけて生きましょ。


関連記事
新時代の子どもたち⇒クリスタルチルドレン・スターチャイルド




にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
↑↑
子どもたちのこと、一緒に考えませんか