カサンドラ症候群


発達障害には、身体上の特性に直接起因する辛さと

それを理解され得ないまま孤立する心理的な負担があると思うのですが

そのしんどさはご本人のみならず

ご家族もかなりの悩みや疲労を抱えていることは想像に難しくないですね。

その一つ、カサンドラ症候群についても知っておくと

予防や重症化の早期対策につながるかと思うので紹介しておきます!


カサンドラ症候群とは

アスペルガー (AS) または ASD の特性をもつパートナーと

情緒的な相互関係が築けないために、相手側に起こってくる精神的・身体的な症状のことで

主に自信の喪失や、無気力、抑うつ、身体上の不調、混乱からくる疲労などがあげられています。

ここでは AS の本人を A

A のパートナーを P として書いてみますね。


P に不調状態が起こってくるのは、自分が悪いんじゃないかと考えあぐねてしまったり

悩みの袋小路に入ってしまうということです。

P が我慢に我慢を重ねても、同じことの繰り返し

とうとう耐えかねて破裂してしまい P が自己否定に陥る。

社会的には特に問題もなく見える A に

( A は社会的には地位を築いていたり、世間的にはうまく適応させていることも多いようで)

やっぱり自分が悪いと P が自分を責めてしまったり、不安が増幅してしまう。

P は A と問題解決や発展のためにコミュニケーションをとりたくても

まともにそれができない。

P は、自分はどうでもよい存在なのだと無力感に陥ってしまったり

負のスパイラルにはまってしまう。

-----------------

話しはそれますが、こういうパターンに陥るケースはパートナーや家族だけに起こることでもなく

状況によっては、支援者を含む色んな人にも起こりえることだと思いました。

支援としての関わり方の難しさとは、こういうことも含まれるのじゃないかと思い当たることがあります。


カサンドラに話を戻すと、夫婦やパートナーという関係性の中で

情緒的な相互関係が築けないために起こってくるというのが特徴なのだと思いますが

これは、一般的な恋愛関係でもありがちなことですね。

通常の男女の脳構造や感じ方の違いのせいで、関係に軋みが生じてしまうわけですが

AS という個性が際立っている分、AS カップルにはその反応が大きく表れてくるのでしょう。



今までは AS は男性が多いとされていましたが、男女逆の場合もあるでしょうし

男性も女性も AS の傾向を持っているケースもあるだろうと思います。

最近では、女性の AS は表面化していないだけで

実際はもっとたくさんいるのではないかと指摘されています。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村