冬休み~低学年おすすめ『フレデリック』レオ・レオニ


しばらくカタ~い文が続いたようなので、今日はほっこり絵本のご紹介です♪


フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし
フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

トロンとしたフレデリックの表情が、なんとも和み系ですね。

他の のねずみ たちとは同じように振る舞わないフレデリックです。


みんなが当然のようにしていることにまったく参加せず、興味も持たず、罪悪感も持たず・・・協力せず・・・

ただじっとしているフレデリック

みんなと同じようにはちっとも働かないフレデリック

彼が言うには「こう見えても、ちゃんと”冬”のために働いているよ・・」。


そうしてやがて、冬がめぐってきました。


春夏秋冬・・1年のうちの寒い季節。

4つのうちのたった一つの季節のためにフレデリックがしていたこととは?


「うちの子は変わった子・・・」

「他の子どもたちとはどこか違う子・・・」


そんな子どもさんを育てているお母さんお父さんにも、ぜひ読んでいただきたい絵本です。


「うちの子は不活動・・・不活発・・・変わってる・・・」


それでもいいじゃないですか。

そう見えても彼らは、独創的に活動中ですよ。


何度も何度でも、ひざの上で、大好きなお父さんお母さんの肉声のシャワーで読み聞かせてあげてくださいね。

大切な、たった一つの個性のために。



人気記事
1. 運動会で潰されていく子どもたち

2. デジタルデトックス

3. 発達障害と食事療法

4. 必要としている愛情タンクがどのくらいの容量か?



親子のご相談を聞かせていただいております
問い合わせフォーム


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

この記事へのコメント