小学生よ!課金~!?


クリスマスプレゼントに、お年玉の季節が近づいて参りました!


もはや私は子どもたちと話しをしていて、ゲームのシステムを理解するのに骨が折れますっ!


ゲーム用のプリペイドカードがあって、それでスペックやそんなものが手に入るらしいですね。

!?

キャラクターのスペックがボタン一つで手に入ると!?

シュインっと、いつかどこかでお金がそうなってるハズ・・・


いえね、ゲームや画面操作ですべて片がつく時代性は、もうやめられない止まらないと思っています。

ですが、IPhoneの生みの親ジョブズ氏が、自分の子どもには持たせたくないとそれらを持たせなかった話はよく知られているところで・・・


なぜなら利便性こそが、人の能力を縮小させていくからです。

不便で、無いという負荷がかかるからこそ、創意工夫がメリメリ伸びるってもんです。


私としては、子どもたちにはできるだけ

石っころや棒っきれで遊んでほしい!と思ってしまうのですヨ。。。

時代は昭和・・・

もうすぐ平成が終わると言うのに・・・


ただの石っころ、ただの枝っぷし、落ちてるどんぐり

そんなものでも何かに見立てたりして想像力が勝手に駆使されて、何にもないところから創って遊んでほしい。

指だけピコピコ動かしてるより、風を受けて匂いを感じて、あっちの端からこっちの端まで、時には向こう側までめいいっぱい使って

身体も五感も全部使って遊んでほしい。


もちろんボールや一輪車やベーゴマやいろんな楽しいグッズもありますよね。

部屋の中で遊べる知育玩具やいろんなおもちゃもありますね。


えぇ、学校では木登りも禁止されていますし、子どもたちだけで入ることを禁止されているエリアもありますね。

校庭で枝を振り回して遊んでいたら、注意されますね。

校庭にあった木は、誰かが鬼ごっこをしていてぶつかったからという理由で、当日か翌日には切り倒されてしまう昨今です。


鳴かぬなら〇してしまえ、ホトトギス!


残った切り株はまるで、〇〇さんの衝突記念碑のよう。


「学校では怪我をされては困る。」

「怪我の責任」の行方は。


木にぶつかるのも仕方ないところがあります。

〇さんに限ったことではなく、地上で障害物を避けながら駆けずり回ったことがないもの。


ちょっと話が逸れてしまいましたが、小学生の課金のことでした。



責任の行方は、いつも踏まれないように尻尾を移動させながら巡り巡っている。



プリペイドカードは、もちろん親の方が購入されるものです。

キャッシュレスへと、仮想通貨でやりとりが成立する時代に、

子どもたちのクリスマスプレゼント~お年玉をどうやって課金に移動させられるか

一生懸命になって創意工夫している大人もたくさんいるということです。


〇本日の心の一句〇


エゴだけど

課金に使ってくれるな

お年玉


〇〇〇


だってお年玉ってのは、確かに「君の笑顔が見れるなら何に使ってもいいよ~!!」って気持ちもあるがしかし!

ステキなものをあげたいけど、あんまり売ってないから、君のステキなものが何か分からないから、お金をあげるってのもある。

長~い目でみて、本当の君のスペックになりそうなものに使ってくれって気持ちがある。

本当に子どもたちのために、いいものを生み出そうとしてくれる大人たちもたくさんいることも、忘れないでおこう!



人気記事
1. 運動会で潰されていく子どもたち
2. デジタルデトックス
3. 発達障害と食事療法
4. 敏感すぎる子どもたちに共通する自己万能感
5. 必要としている愛情タンクがどのくらいの容量か?



親子のご相談を聞かせていただいております
問い合わせフォーム


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

この記事へのコメント