1円もかからない若返りの秘訣!

最強にして、1円もお金がかからない若返りの秘訣を見つけました。


ちょっとお付き合いくださいませ♪

大学卒業後、教育出版社で働いていた頃ですから20代前半の頃です。

ある家庭へフォローのため訪問に伺った時のこと・・・

中学生の子どもとお母さんとお話しさせていただいていたのですが、初対面のその子が

「おばさん ! ○△∴◇※・・・」と言ったのです。

それを聞いた私は「あれ、この方はお母さんだと思っていたけど、おばさんなのか・・?はて?」と首をかしげてスルーしたのですが

やるべきことを終えてそのお家を出たあと、私と一緒に回っていた同僚が言い放ったのです。


「あの子が言ってたおばさんっていうのは、君のことだよ」


「な・に~!? うそでしょ」


どうやら本当でした。


同僚によると、あのくらいの子たちには ”大人はみんな”おじさん・おばさん” だそうなのでした。
20代30代とか年齢は関係ない。

私は「えーそうなのか・・・」と、事実を受け止める努力をしました。


あれから20年ほど経って、40代の今・・・


あのときの現実を受け止めようとした努力が、今ようやく報われるような気がしています。


現在も、中学生高校生と関わらせていただくなか・・


ある女の子が「先生、20代?30代?」と聞いてくれるではありませんか!?

またある男の子は「先生、30代だと思ってました!」とびっくりな様子で(こちらがびっくり!)告げてくれるではありませんか!?

またある20代花盛りの女の子が「〇さん、年齢が分からない~」と、天から降ってきた空耳のように響かせてくれるではありませんか!?


何事が起こっているのか考えてみた時、かつての同僚の言葉が蘇ってきたのです。


「このくらいの子たちには、20代も30代も40代も同じ大人・・・」

よって、その区別がつかないのです。


それを裏付けるかのように、40代のある男性は私を見てまじまじと

「40代前半付近、後半ではない・・・」と突いてきます。

おそるべし40代の人を見る目・・


そんな私が気持ち若くいる秘訣はこれだ!と痛切に感じていること。


それは・・・


子どもたちと触れ合うこと。


本当のスキンシップはもちろんですが、交流ということでも若さが伝播してくるように感じています。


親の人たちは、どんどん頭をなでたり、手をつないだり、頬を包んであげたりしましょうね♪

ハグしましょう♫

中高生になって嫌がっても、できる範囲で・・。


そして、忙しさの合間に慌ててするスキンシップではなくて、眼と眼をじっと合わせて

心を通わせたいという想いを込めて

触れ合う機会をできるだけ作ってください。


若さというエネルギーと想いが互いの間を流れて行き来すると、若返りはもちろん、お互いの生命力というものが活性するのです。



テキスト1116.png

オンラインショップはこちらからどうぞ>>>


ホームページ>>>


にほんブログ村 にほんブログ村へ

この記事へのコメント