高学年図書おすすめ『 ぼくたちのリアル 』

2017/12/10 21:20
『 ぼくたちのリアル 』  著者 戸森しるこ  絵 佐藤真紀子  発行所 講談社 絵にかいたようなクラスのスーパースターを中心に 3人の男の子の、短い、短い、ひと夏の物語でした。 一年の・・・およそ半分 たった半年の間に、突如深く関わることになり、そして離れていく運命の出会い。 誰かと一緒に過ごした時間は、リアルな体感を伴う現実であったとしても 時の流れとともに風化されていく・・・ 多くの出来事は、新しい出会いや出来事に..

続きを読む

低学年絵本『 わたしのそばで きいていて 』

2017/12/02 12:54
小学校で読み聞かせをする機会が時々あり あははっと笑える本が盛り上がっていいかなと思ったり イマドキの子どもたちに、日本昔話も聞いてもらいたいなと思ったり オーソドックスな童話も捨てがたいと、本選びには迷う事も多いです。 挿画も、はっと息をのむ色使いや 目が離せなくなるほど描き込まれた芸術的なものもあり 子どもたちに読んであげたいと思う絵本は 図書室のあちらこちらから、次から次へと発掘されます。 前回は、絵本の選び方..

続きを読む

絵本の選び方

2017/11/29 00:07
2年ほど前に、京都市の 絵本・童話 子どもの本専門店を訪れて 店主さんのお話しを伺ったことがあります。 私自身、もともと絵本や童話が大好きなのです。 日本のむかしばなしも、外国に伝わる童話も どれもシンプルなおはなしでやさしい言葉で書かれているのに 心がほ~っとあたたまり それでいてとても含蓄が深く 心に染み入るように広がる物語の味わいがあるからです。 大人も十分に楽しめ ましてや子どもたちには、何回でも..

続きを読む

もっと見る