大人が事実を指摘しても、子どもの心がねじれていく時

2017/09/20 23:56
子どもたちは言葉以上に、雰囲気とか気というものから 敏感に察知しています。 わたしたち大人が想像する以上に、もっとはるかにたくさんの事を感知して 心に焼き付けていると思えてなりません。 教室では、動作が緩慢だったりして 集団行動に遅れて、はみ出してしまうタイプの子がいますね。 教室では、その一人をみんなが待っているというのは事実で いつも気長に待っていられるとは言えません。 先生から急かされるだけでなく、クラスのみん..

続きを読む

もっと見る